姫路歴遊会
                             

JRふれあいハイキング「いにしえの姫路城下町を古地図で歩く」、令和2年1月26日(日)、活動報告!!

令和2年1月26日(土)、JRふれあいハイキング「古地図散歩シリーズ 燭い砲靴┐良穎城下町を古地図で歩く」を催行したところ、8人の皆さまが参加され、スタッフ3人で案内しました。
今回は、姫路駅に集合・出発し、中ノ門跡〜イーグレひめじ屋上(姫路の全景が望める)〜播磨国総社〜内京口門跡〜久長門跡〜野里門跡〜男山(千姫天満宮)〜市之橋門跡〜家老屋敷跡公園で解散のコースでした
朝は雨が心配されるような曇り空でしたが、しだいに晴れ渡り暖かくなって、皆さまと楽しくハイキングすることができました。
参加された皆さまから「よかった」の声をいただくなど、ガイド冥利に尽きます。
本日のご参加、ありがとうございました。またのご参加をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

イーグレひめじ屋上では姫路城だけでなく、姫路の全景を説明。
播磨国総社の拝殿前にて。
豊臣秀吉の甥・木下延俊が寄進した石灯籠には「惣社伊和大明神」の文字が刻まれています。
内京口門跡にて。
久長門跡を過ぎて姫路城の東の顔を望んでいます。
野里門跡にて。
姫路城の北から望む大天守。
屋根付きの「鷺の清水」と呼ばれる井戸にて。
中堀に沿って「千姫の小径」を散策しています。
好古園前にて。

前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ