姫路歴遊会
                             

JRふれあいハイキング「お夏・清十郎まつり/城下の面影を残す野里の町並みを楽しむ」、令和元年8月9日(金)、活動報告!!

令和元年8月9日(金)猛暑のなか、JRふれあいハイキング「お夏・清十郎まつり/城下の面影を残す野里の町並みを楽しむ」を催行したところ、奈良、岐阜羽島、太子町、たつの市、野里鍵町から5人の皆さまに参加していただきました。
夕方からイベント「お夏・清十郎まつり」が始まりますが、皆さまには混雑しない午前中に町並みウオーキングを楽しんでいただきました。
姫路城の和釘や桜門橋の擬宝珠を造られた芥田家を見学、当主がご在宅でいろいろとお話を聞くことができました。話は尽きませんでしたが、来年の8月9日もまたお話を聞かせていただくことをお願いし、古い町家の並ぶ野里街道に向かいました。
「お夏・清十郎」の祀られている慶雲寺〜固寧倉〜正明寺〜法華寺〜東御屋敷跡公園をハイキングし、城見台公園で解散です。
岐阜羽島から来られた方は、午後も残って「お夏・清十郎まつり」を楽しまれるとのことです。
本日は、大変暑い中ご参加いただきありがとうございました。またのお越しをお待ちしています。

固寧倉にて。江戸時代に姫路藩が整備した非常用食糧備蓄倉庫です。

前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ