かしの木会
                             

好古園研修

好古園で研修をしました。
スタッフの方々から、植物、花について教えて頂きました。
好古園にはたくさんの植物、花があり、とても興味深いものがありました。

入口からお屋敷の門まで3種類のツツジがあるということです。
ミツバツツジ、ヤマツツジ、そしてモチツツジです。 モチツツジはとてもねばねばしています。
カスミ桜は、門の少し手前にありますが、二重の花弁でとても珍しいそうです。
苗の庭に除虫菊を今年初めて植えたそうです。 それを乾燥させて蚊取り線香を作るかも…
縄文時代の種で育てられた大賀ハスは蕾をたくさん付けていました。 楽しみです。

We went to Kokoen and learned about the flowers there from the staff.
Kokoen has many beautiful plants and flowers, some of which have unique characters.

There are three kinds of azaleas from the entrance to Oyashikinoniwa: Japanese azalea (mochi-tsutsuji), torch azalea (yama-tsutsuji),
and ryododendron dilatatum (mitsuba-tsutsuji). Mochi-tsutsuji's branches are very sticky.

Kasumizakura, plamted a little before the gate, is a very rare kind with double layered petals.

At the garden of seedlings, they have planted pyrethrum for the first time this year. The staff said he might dry them and make mosquito coils of incense!!

Oogahas, grown with a seed of Jomon era has many flower-buds. We are looking forwards to seeing their flowers coming out!!


前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ