かしの木会
                             

第15回国際交流スプリングフェスティバル

2019年3月10日第15回国際交流スプリングフェスティバル参加

半世紀前の姫路城昭和大修理に文化財建造物修理技術者として携わられた、
姫路市文化財保護協会理事の西村吉一先生に、講演をして頂きました。

先生はとても印象的な言葉を残されました。 「お城は平行四辺形をしている。 梁と柱のつなぎの構造が難しいのだが、それがぴったりあっている。 建物は生きている。 対話をしなければならない。」


Participated in the 15th International Spring Festival on March 10, 2019

Mr. Nishimura Yoshikazu, the Director of the Protection of Himeji Cultural Properties, spoke about the Showa Era Himeji Castle Restoration, which occurred half a century ago. He was among the engineers and carpenters who helped restore Himeji Castle.

His words left a deep impression: "The main tower is a parallelogram. Although the connections of the beams and pillars are very complicated, they nonetheless fit together perfectly.
Buildings are like living creatures. We have to have a dialogue with them."

 
   


前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ