姫路歴遊会
                             

JRふれあいハイキング「伝統ある随願寺の修正会(鬼追い式)/増位山ウォーク」、平成31年2月11日(祝・月)活動報告!

朝起きると小雪が舞う雪景色の2月11日(祝・月)、JRふれあいハイキング「伝統ある随願寺の修正会(鬼追い式)/増位山ウォーク」を催行したところ、遠く奈良県の方も含めて20人の皆さまが参加され、7人でご案内しました。
安全を最優先するため、ハイキングコースを大幅に変更し、雪が降り続く中、新雪を踏みしめて雪が積もった紅梅を楽しみながらの登山でした。
姫路藩主墓所のご案内、虚無僧の献奏などを楽しまれた後、真っ暗な本堂での鬼追い式です。可愛い小鬼たちの行進、松明を持った赤鬼と青鬼による迫力満点の舞など、素晴らしい体験です。
その後、餅まき、採燈護摩などを楽しまれてから下山です。下山では、雪が解けて梅の花もピンク色に、また姫路城十景のひとつであるポケットパークで記念撮影。ここから姫路城を展望できることに驚かれていました。
最後に松尾芭蕉ゆかりの風羅堂跡に立ち寄って播但線・野里駅で解散です。
初めて修正会を体験された方も多く、素晴らしい雪景色も楽しまれ、ハイキングを大いに堪能されたのではないでしょうか。
小雪舞う天気の中でご参加いただき、ありがとうございました。またのお越しをお待ちしています。

実相院の墓。実相院は、第33代姫路藩主・榊原政邦の側室で、第34代藩主・榊原政祐の生母です。
随願寺に向かう参道を登っています。
増位山随願寺に向かうドライブウェーも雪が積もっています。
榊原忠次廟所。
虚無僧の献奏。
本堂での鬼追い式。
可愛い小鬼の行進。
住職による餅まき。
採燈護摩。
風羅堂跡。

前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ