サークルさえずり
                         

第4回 藤原正彦エッセイコンクール

平成31年1月12日、姫路文学館講堂にて第4回藤原正彦エッセイコンクールの表彰式が執り行われました。
プログラムは、姫路市長あいさつ、賞贈呈、各部門最優秀作の朗読、藤原正彦氏の講評・講演でした。
各部門最優秀作の朗読を、文学館より依頼を受けて、サークルさえずりの松下由美が朗読しました。
内容は中学生部門「愛しき太古の生きものと私」
   高校生部門「奏でよう、人生の組曲」
   一般部門 「古の徳利の慰め」でした。
どの作品も素晴らしく、作者は勿論、会場の人々も皆、朗読の世界に引き込まれました。

 
   


前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ