かしの木会
                             

お城研修

11月22日に中川先生に姫路城(主に西の丸)で研修をして頂きました。
ヨの渡櫓では、たくさんある部屋もちょっと見ただけでは同じようでも、主室と付属室からなっていることなどを確認しました。
数か所の石落としの部分に狭間があることもわかりました。
最後に、帯の櫓の石垣の一番高い部分のカーブを描く気勢い、輪取りを教えて頂きました。
Mr. Nakagawa told us about the West Baily in the castle on Nov. 22.
We refreshed our knowledge of the structures of many rooms for princess Sen's maids consisting of main rooms and attached ones,
though they seem similar at a glance.
He pointed to several firing holes even in the walls above some stone drops.
In the end, we saw the curving tallest stone wall of Obi watchtower, the forms of kioi and wadori.


 
   


前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ