姫路歴遊会
                             

JRふれあいハイキング「昭和の遺産/姫路大博覧会と幻のモノレール」平成30年11月25日(日)、活動報告!

小春日和に恵まれた3連休最後の平成30年11月25日(日)、JRふれあいハイキング「昭和の遺跡/姫路大博覧会と幻のモノレール」を催行したところ、4人の皆さまが参加されました。
JR姫路駅からモノレール架橋跡沿いに手柄山を目指します。手柄山展望台より播磨国風土記(十四丘物語)で姫路のまちをご案内です。姫路(日女道)や手柄(手刈り)などの由来を説明しますと「姫路の歴史は重厚」と納得されました。
姫路城十景の展望台では、天気に恵まれて姫路城がくっきり。近代的なビル群や新幹線との対比がユニークです。
その後、生矢神社〜灘菊酒造〜亀山本徳寺へ向かいました。亀山本徳寺では、大広間の天井画に驚愕。素晴らしい欄間などをカメラにおさめられていました。
お別れのときには、何度もお礼を言われ、恐縮しました。
ぜひ次のご来姫をお待ちしています。本日のご参加、ありがとうございました。

姫路城十景のひとつである手柄山展望台では、新幹線越しに遠く姫路城を展望できます。
亀山本徳寺の大広間の天井画に驚愕。
大広間の素晴らしい天井画です。
素晴らしい欄間です。

前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ