姫路歴遊会
                             

JRふれあいハイキング「昭和の遺産/姫路大博覧会と幻のモノレール」、平成30年9月23日(祝・日)、活動報告!!

行楽シーズン真近の9月23日(日)、JRふれあいハイキング「昭和の遺産/姫路大博覧会と幻のモノレール」を催行したところ5人の皆さまが参加され、ご案内させていただきました。
このコースでは、JR姫路駅からモノレール架橋跡をたどって手柄山へ、そして生矢神社から灘菊酒造を経て亀山本徳寺の楽市楽座を楽しんでいただきました。
初秋を感じる当日、姫路駅西のモノレール架橋跡・大将軍駅跡・大将軍橋跡で昭和の遺産を説明。現存する手柄山モノレール駅で姫路市街を一望しながら播磨国風土記の世界をご案内。
その後、灘菊酒造で日本酒作りの過程、フランス柔道の父といわれる「川石酒造之助」氏の話を川石社長みずから説明していただきました。灘菊酒造の後は、楽市楽座が催されている亀山本徳寺に向かいました。
このコースは、楽しんでいただけるポイントがたくさんあり、風土記の世界から昭和の世界まで楽しんでいただけたと思います。
本日のご参加、ありがとうございました。またのお越しをお待ちしています。

モノレール架橋跡にて。
大将軍神社にて。ここが旧十二所神社であったことを知る人も少ないでしょう。
大将軍橋跡にて。
モノレールのジオラマ前で、昭和の遺産をご案内。
生矢神社にて。もうすぐ秋祭りが開催されます。
灘菊酒造の川石社長から「日本酒の作り方」を説明していただきました。
フランス柔道の父「川石酒造之介」氏について川石社長にご案内していただきました。
解散地の亀山本徳寺です。到着が遅かったため、楽市楽座も終わりかけていました。

前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ