姫路歴遊会
                             

JRふれあいハイキング「姫路の怪奇伝説/お菊・富姫・お夏・鬼石などの伝説スポットをめぐる」平成30年7月28日(土)、活動報告!

平成30年7月28日(土)、台風12号の接近で天気が心配されましたが、JRふれあいハイキング「姫路の怪奇伝説/お菊・富姫・お夏・鬼石などの伝説スポットをめぐる」を催行しました。
当日参加の方も含めて4名の皆さまは暑さに負けず元気に、夕方16時JR姫路駅を出発しました。
怪奇伝説を織りまぜながら、十二所神社(お菊神社の播州皿屋敷伝説)〜大蔵前公園(勤王志士の切腹伝説)〜長壁神社(富姫伝説)〜お夏清十郎伝説〜血の池跡伝説〜播磨国総社(鬼石伝説)などをご案内しました。
暑い中を長時間熱心に耳を傾けていただき、また多くの質問も頂戴し、誠にありがとうございました。
ご満足いただけたか心配ですが、ガイド一同今後もさらに精進してまいりますので、またのご参加をお待ちしています。
本日のご参加、ありがとうございました。

十二所神社(お菊神社)。1枚、2枚、3枚・・・。
大蔵前公園は姫路藩獄跡で、「勤王志士終焉之碑」が残っています。
家老屋敷跡公園で記念写真。
イーグレひめじ屋上で姫路城の全景を展望。
播磨には、たくさんの怪奇伝説が残っています。
夕闇せまる最後は、播磨国総社の西参道に残る「血の池跡」を過ぎ、播磨国総社の境内に残る「鬼石」へ。

前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ