姫路歴遊会
                             

JRふれあいハイキング「播磨国風土記を感じるまち歩き/日女道丘(姫山)〜筥丘(男山)をめぐる」、平成30年2月18日(日)、活動報告!!

平成30年2月18日(日)、JRふれあいハイキング「播磨国風土記を感じるまち歩き/日女道丘(姫山)〜筥丘(男山)をめぐる」を催行したところ、5名の皆さまが参加されました。
最初に姫路駅前で江戸時代をイメージした建造物を楽しみ、姫路城下を歩き、姫路城の縄張りの広さを体験していただきました。
イーグレひめじの屋上では、播磨国風土記に登場する「十四の丘」を説明し、目の前にある日女道丘(姫山)や因達神山などを見ていただきましたが、何よりも皆さまが喜ばれたのは、ここから見るパノラマの姫路城!!
東西にのびる白い漆喰壁は青空に映えて何ともいえない美しさでした。
太陽も顔を出して暖かくなった頃、播磨国総社で古来より行われてきた三つ山・一つ山祭について資料を見ながらお話をさせていただきました。
その後、姫路城の門跡を巡って筥丘(男山)へ。当日は男山八幡宮の厄神祭が行われており、参拝者が多くてなかなか登れませんでした。参加者5名のうち女性2名は厄神祭へ参拝に、男性3名は男山の頂上まで登って、ここから見える播磨風土記の「十四の丘」を確認しました。
皆さま、歴史に詳しく熱心な方ばかりで、質問もたくさんいただきました。
今回は、古来から平成までの播磨を楽しんでいただけたと思います。またのお越しをお待ちしています。ありがとうございました。

中の門筋では、江戸時代の町並みや戦前の写真を紹介しました。
姫路城を正面に。
播磨国総社にて。5年前に開催された三ツ山祭を紹介。
姫路城十景の一つである城見台公園にて。
姫路城の鬼門です。石垣の角が落とされており、「鬼門除けの隅落とし」といわれています。
姫路城の北側から。
筥丘(男山)から望む船丘(景福寺山)、琴丘(薬師山)、波丘(名古山)です。
男山八幡宮の厄神祭で賑わっています。

前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ