姫路歴遊会
                             

平成30年2月4日(日)、「姫路城プラスワン(姫路城周辺と廣峯神社)」 活動報告!!

暦の上では立春の2月4日(日)、やってきたのは数年に一度の強烈な寒波でした。
今回は、朝から頬をさす厳しい寒さでしたが、待ち合わせ場所に素晴らしい笑顔でバスを降車された大阪からの皆さま8名を「姫路城プラスワン」という観点でご案内しました。
皆さまには以前に書寫山圓教寺をご案内したことがありましたが、今回は「姫路の素晴らしいところ」とのご依頼でしたし、皆さまが歴史好きということもあり、午前中は姫路城周辺に、午後は廣峯神社にご案内させていただきました。
姫路はいかがでしたか?
姫路は、桜の季節も素晴らしいですし、古地図で歩くコースなど、まだまだ面白いところがたくさんありますので、またのお越しをお待ちしています。
ありがとうございました。

東から観た天守です。二つの天守を上手く撮れましたか?
県立歴史博物館のガラス窓に姫路城が見事に映っています。
北のシロトピア公園から観た天守です。
廣峯神社では、本日より1年間の凶方は「南西」です。
廣峯神社の拝殿では、陰の赤鬼、陽の青鬼が、3月末まで置かれているそうです。
古来のお面に「ワクワク」。
ここに官兵衛神社が建立されます。
廣峯神社の休憩所には、なかなか触れられない「恵比須」が置かれていました。3月末まで置かれているそうです。

前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ