姫路歴遊会
                             

JRふれあいハイキング「姫路城の鉄壁の守りと美の世界/姫路城を、観て、聞いて、触って実感!」平成29年12月11日(月)、活動報告!!

平成29年12月11日(月)は、姫路城が世界文化遺産に登録された記念日のため、入城料は無料です。
この登録記念日にJRふれあいハイキング「姫路城の鉄壁の守りと美の世界/姫路城を、観て、聞いて、触って実感!」を催行したところ、遠く和歌山・近江からのお客様も含めて20名のお客様が参加されました。
JR姫路駅に9時30分集合・出発です。江戸時代のメインストリートである中の門筋を北上し、姫路城に入城です。
姫路城を正面から観るなり「凄い、他の城とは格が違う」と感嘆の声。
今回は5名のスタッフがご案内しましたので、「ゆっくりで良かった」「少人数で説明がわかりやすかった」「お城だけでなく外堀・中堀までのガイドは良かった」などお礼のお言葉をいただきました。
今回のご参加ありがとうございました。またのお越しをお待ちしています。


メリークリスマスの垂れ幕が掛かった展望デッキ(キャッスルビュー)で、正面に姫路城を眺めながら概要を説明。
姫路城の南玄関であった外堀の「飾磨津門跡」で説明。現在は門跡を示す痕跡は一切ありません。
中の門筋を北上しています。
「西国街道」であった西二階町のアーケードに描かれている姫路城主の家紋を見上げています。
井原西鶴の好色5人女「姿姫路清十郎物語」で登場する「お夏の生家跡」です。
現在の国道2号線は「中堀」の跡ですが、中曲輪の大手門であった「中之門」を説明。
やっと姫路城を間近に観ることができて記念写真。
姫路城十景の一つである「三の丸」に入ると、姫路城の素晴らしさに感動します。

前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ