姫路歴遊会
                           

JRふれあいハイキング「歴史とロマンの野里街道で伝統技法の藍染体験!」平成29年11月5日(日)、活動報告!!

平成29年11月5日(日)は絶好のJRふれあいハイキング日和、「歴史とロマンの野里街道で伝統技法の藍染体験!」を催行したところ、7名の皆さまが参加されました。
JR姫路駅に9時30分集合後、ループバスに乗車して兵庫県立歴史博物館前で下車、野里門跡〜旧野里街道〜魚橋呉服店(藍染体験)〜慶雲寺〜固寧倉〜ノコギリ横丁〜城見台公園で13時解散というコースです。
今回の藍染体験では、残念ながら染め液のPH値が高くて、綺麗な藍色に染め上げることができず、生きているデリケートな藍染液の難しさと奥深さを知ることになりました。
しかし、体験参加の皆さまには、染め液の回復を待って魚橋様が改めて染め上げてくださり、参加者に郵送していただくことになりました。
綺麗な藍染スカーフがお手元に届く楽しみは、今しばらくお待ちください。
本日は、野里の古い町並みや所縁の寺を楽しんでいただき、誠にありがとうございます。

歴史博物館前では、姫路城の「鬼門除けの隅落し」石垣を説明。
野里門跡の南に建つ万葉集の歌碑を説明。
旧野里街道で、看板建築、むくり屋根、犬矢来、虫籠窓、鳥衾などを説明。
将軍家所縁の慶雲寺でガイドデビュー。
慶雲寺のお夏清十郎比翼塚を説明。
正明寺が姫山(今の天守地)に建っていたと刻銘されている板碑(アーチの中)を説明。
あて曲げ〜ノコギリ横丁を説明。
城見台公園では、姫路城をバックに記念写真。

前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ