姫路歴遊会
                           

JRふれあいハイキング「古地図でたどる西国街道・東編(外京口門跡〜播磨国総社)」平成29年10月9日(祝・月)、活動報告!!

初秋とはいえ日中は真夏の暑さを感じる中、平成29年10月9日(祝・月)、JRふれあいハイキング「古地図でたどる西国街道・東編(外京口門跡〜播磨国総社)」を催行したところ、6名のお客様が参加されました。
今回の集合・出発地は、JR播但線の京口駅です。京口駅のホームから北西に姫路城を見ながら、古地図で現在の位置を確認していただき、いざ城内に出発です。
まず外堀側の河合橋へ、その後は、武家屋敷〜法華寺〜正明寺〜久長門跡を巡り、中堀の鯉・草魚を横目に、内京口門跡〜善導寺〜播磨国総社へ向かいました。そこで記念写真をパチリ。
年明けには西国街道・西編を催行する予定ですので、またのお越しをお待ちしています。


JR播但線の京口駅ホームから望む姫路城。
法華堂。境内に千姫の位牌堂が建っています。「ここに隠れ道がありました」。
寺町筋を通って正明寺へ。
正明寺。正明寺板碑の中央に、貞和2年(1346)と刻まれており、赤松築城説の根拠となっています。
久長門跡では中国大返しのご案内。たくさんの鯉と草魚がお迎えです。
内京口門跡。外堀・中堀巡りを終え、寺町へ向かいます。
善導寺。幕末における姫路藩勤王志士の話を紹介。日露戦争や第一次世界大戦の捕虜を収容していました。

前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ