姫路歴遊会
                             

「中播磨地域500人委員会の皆さまを姫路城周辺にご案内」平成29年9月27日(水)活動報告!!

去る9月27日(水)、小雨が降ったり止んだりするなか、中播磨地域で青少年の健全育成と非行防止に取り組んでおられる500人委員会の皆さま13名を姫路城周辺にご案内しました。
今回は、地域講座「地域資源の再発見」というテーマでしたので、余り知られていない姫路城周辺の地域資源を楽しく散策しながら紹介していきました。
姫路城十景のうち4ヵ所を巡ることができ、姫路城の東西南北に存在している地域資源を再発見していただけたと思います。

イーグレひめじ4階のセミナー室で、酒井家時代の姫路城古地図を紹介し、当時の全体像を認識していただきました。
イーグレひめじの屋上で、姫路城の全景を確認していただきました。この屋上に上がったことのない委員もおられました。
桜門橋に入る手前の案内板で、桜門橋と大手門の紹介です。
三の丸広場(姫路城十景)で正面から見る姫路城を紹介。
姫路城で一番古い石垣(通称、官兵衛が築いた石垣)を紹介。
県立歴史博物館のガラス窓に映る北の姫路城を観て、初めてと感激。ここで、姫路城十景を紹介。
姫路文学館に隣接する望景亭に入り、和室や茶室の立派さに感動。余り知られていない観光スポットです。

前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ