姫路歴遊会
                           

「おもてなしガイド養成講座」の開講、平成29年9月15日(金)・22日(金)報告!!

「NPO法人野里まちづくりの会」と協働の「おもてなしガイド養成講座」が新たに4名参加のもと、1回目は9月15日(金)に、2回目は9月22日(金)に開講されました。

初日は姫路歴遊会のスタッフが講師役で、姫路駅北のキャッスルビューからスタート。ループバスに乗車して県立歴史博物館前で下車。歴史とロマンが残る旧野里街道を散策しながら、古い町並みや慶雲寺、固寧倉など歴史と文化を勉強しました。

野里公民館で昼食の後、芳賀先生による「お夏清十郎物語」の講座です。

2日目は「野里まちづくりの会」N会長に野里の町(南方面)を案内していただきました。中堀に沿う坊主町の町家、ノコギリ横丁、外堀跡などを詳しく説明していただきました。

2日目の目玉は「金箔押し体験」です。N会長のご指導の下、参加者は一生懸命に取り組みましたが、思ったよりもずっと難しく、四苦八苦。でも、世界にひとつしかない名作を完成させて、満足の笑顔です。

キャッスルビューで姫路駅周辺のポイントを説明。
野里門跡で、美術館・歴史博物館などを説明。
慶雲寺の前で、お夏清十郎の比翼塚を紹介。
芳賀先生による講座。
N会長による野里の町の紹介。
中堀に沿って歩きながら歴史を学びました。
ノコギリ横丁で由来の説明を受ける。
「金箔押し体験」に挑戦。真剣な顔です。

前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ