姫路歴遊会
                           

JRふれあいハイキング「黄昏の城下町を歩く/夕陽にそまる姫路城の遠景」平成29年5月27日(土)、活動報告!!

平成29年5月27日(土)、JRふれあいハイキング「黄昏の城下町を歩く/夕陽にそまる姫路城の遠景」を催行したところ、3名の皆さまが参加され、古地図を見ながら姫路の城下町を楽しんでいただきました。
姫路城十景のひとつであるキャッスルビュー(展望デッキ)で姫路の歴史の1ページを紹介後、姫路市民にとって自慢の場所へご案内です。
まず姫路城の南西にあたる十二所神社では、今はなき「外堀の名残り」をお見せしました。境内には「お菊神社」が建立されています。
姫路城の外堀は備前門南より東方向に流れが変えられており、現在はビルや家が建てられているため、実際の場所を見なければわかりません。
その後、中堀沿いに千姫の小径を北上し、ふたつ目の姫路城十景、男山の山頂をめざします。登った時間は初夏のため夕陽にそまるではなく、初夏の午後の日差しを浴びた自身(自信)の白さを見せる姫路城でした。
姫路の市民でも詳しく知る人が少ない場所、遠くから望んだ姫路城の大天守などを楽しんでいただけたと思います。

未来の社会を目指して「ピオレ姫路」に設置されている「太陽光採光システムひまわり」にご案内。
現在の大蔵前公園は江戸時代に藩獄のあった場所で、姫路藩の勤王派の志士たちが投獄され、多くの命が失われたため、この地に「勤王志士終焉之碑」が建てられています。
外堀は備前門南から東に折れていました。
標高59mの男山を登り、ひと休憩。200段近い階段は大変です。

前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ