キタロークラブ
                               

認知症サポーター講習を実施しました

平成29年5月17日
認知症サポーター講習会を実施しました。
「認知症サポーター」とは、認知症について正しく理解し、偏見をもたず認知症の人や家族に対して温かい目で見守ることを目的として全国的に展開されているキャンペーンです。
安心して暮らせる地域づくりの一環として、
安富地域包括支援センターの協力を頂き21人
の参加により実施しました。

高齢者にとって認知症は、身近にせまる病気であり、関心が高く非常に熱心です。
また、認知症は治らないと思われがちですが、人との接し方によっては症状が軽減されるということもわかりました。
認知症へのリスクを少なくする為に
様々な予防策があるとの事ですが、
何をするにしても、大切なのは
「楽しくやること」だそうです。
後半には、脳の活性化の一つとしての指運動や
足踏みしながら3や5の倍数で手拍子をするなどの「コグニサイト(同時に複数の動きを行うこと)」を
行ない、笑いがあふれるなかで終了しました。

前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ