姫路手話サークル 虹の会
                             

かしの木学習の様子

 かしの木学級とは聴覚障害者のための教養講座です。この講座の手話通訳を 虹の会のサークルのメンバーが担当します。

11/13日曜日、市役所にてかしの木学級の講座「マイナンバー制度とくらし」がありました。
市役所から講師の方に来ていただき マイナンバー制度について詳しく説明をしてもらいました。いつもに比べて参加者が少ないかな…と思いましたが参加者は熱心に話しを聞いて勉強しました。
 他にも毎年校外学習や物を作ったりする講座もあります。今年は姫路市立美術館にも行きました。申し込みが必要な講座もありますので当日参加は出来ない事もあります。
もちろん、ろう者のために手話通訳、難聴者のために要約筆記のスライドが付き聴覚障害者の情報保障を行なっています。
例会だけでなく 様々な活動を行っています。


前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ