姫路歴遊会
                           

JRふれあいハイキング「播磨国風土記・歴史街道より高丘〜波丘〜筥丘をめぐる」、平成28年10月2日(日)

本日10月2日(日)、JRふれあいハイキング「播磨国風土記・歴史街道より高丘〜波丘〜筥丘をめぐる」を催行したところ、蒸し暑い中、4名の皆様にご参加いただきました。
今回のコースは、JR姫新線の播磨高岡駅を10時にスタートし、高岳神社⇒行矢神社⇒辻井廃寺跡⇒名古山(波丘)⇒男山(筥丘)の約8Kmで、15時に姫路城大手門で解散。全員が見事に完歩されました。
高岳神社では奉賛会代表の方から神社由来の説明を聞いたり、辻井の行矢神社では新調された屋台の飾り付けを見せていただきました。
コース最後の男山では「姫路城はいろいろな所から見たけど、ここは初めてで素晴らしい」との感想をいただき、疲れが癒されました。
皆様、お疲れさまでした。ありがとうございました。
左の写真は、玉垣に囲まれた蛤岩に参拝しているところです。

今年に新調された屋台です。今週10月9日の祭りまでには飾り付けが施されます。屋台の太鼓は140年前のものだそうです。
姫路城十景のひとつ名古山です。なかなかこの景観を知っておられる方は少ないのではないでしょうか。
青森山の前で、信長と家康の孫娘で千姫の義父・本多忠政の正室・熊姫が荼毘に付され、御前山と呼ばれるようになったとの説明板をご覧になっています。
姫路城十景のひとつで姫路市民自慢の男山です。コースの最後の山登りは「キツイ」ですが、ご褒美の絶景です。

前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ