姫路歴遊会
                           

JRふれあいハイキング(姫路城のビューポイントをめぐる)、平成28年9月25日(日)

昨日9月25日(日)、JRふれあいハイキング「姫路城のビューポイントをめぐる」が催行されました。今回初めて午後3時スタートにもかかわらず、曇りがちの天気のもと8名の皆さんが参加されました。
コースは、JR姫路駅を出発、中之門筋⇒イーグレひめじ⇒城見台公園⇒喜斎門跡⇒シロトピア公園⇒清水門跡⇒男山(千姫天満宮)⇒千姫の小径⇒姫路城大手門で解散。
それぞれのビューポイントでは「凄い」「綺麗」「こちらからは見たことがなかった」など、驚きの声とともに姫路城の雄姿をさかんにカメラに収められていました。
また、標高59mの男山では、近代化産業遺産に認定されている山上(水源地)より「何事も経験」と、3人の方は急な198段の階段にトライ、無事に下山されました。
お別れの際には「何度かお城に来たことはあったけれども、今日のコースは最高です」とお礼の言葉をいただきました。
左の写真は、喜斎門跡(動物園の北)から姫路城の東側を見たところです。内濠に逆さ大天守が写っています。

イーグレひめじの屋上から姫路城の全景を堪能していただきます。背景には広峰山がそびえており、播磨国風土記に登場する山々が一度に展望できます。
シロトピア公園内に建っている兵庫県立歴史博物館のガラス窓には北側から見る姫路城が写っています。
この博物館は、文化勲章を受章した建築家・丹下健三が設計した建物です。
清水門の枡形内にある屋根付きの井戸は、古くから名水として知られた「鷺の清水」を、江戸時代の姿に復元したものです。

前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ