姫路歴遊会
                           

JRふれあいハイキング(平成28年8月7日、「お夏・清十郎ゆかり」の野里の町並みを楽しむ」

各地で最高気温が35度以上の猛暑日となった本日8月7日(日)、姫路歴遊会主催のJRふれあいハイキングが催行され、奈良、滋賀、大阪、芦屋、地元の姫路などから8名のお客様にご参加いただきました。
本日は集合場所のJR姫路駅北からループバスを利用しました。県立歴史博物館前からスタート、野里門跡、旧野里街道、慶雲寺、固寧倉、堀留(外濠跡)、ノコギリ横丁、正明寺、内京口門跡、城見台公園で解散のコースです。
途中、旧野里街道で芥田家のご当主とばったり出会い、NHK大河ドラマ「真田丸」の撮影秘話や後藤又兵衛からの書状や資料を見せていただきました。実は先日、後藤又兵衛を演じる哀川翔さんが撮影のため来家していたとのことで、皆さん大満足のサプライズでした。
本日は大変な猛暑の中、野里コースを楽しんでいただき、ありがとうございました。

大手前通りから姫路城を望む。
城下の面影を残す旧野里街道には、「お夏・清十郎まつり」の幟が立てられています。
芥田家のなかでご当主からNHK大河ドラマの撮影秘話などを聞きました。
ここ堀留は外濠の終点です。地名の由来にもなっています。
江戸時代後期に建てられた固寧倉(こねいそう)で、残り少なくなった貴重な蔵です。

前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ