姫路手話サークル 虹の会
                             

夜の部 例会の様子

 虹の会では 手話を学ぶだけではなく、会員さんの健康にも意識をおいて、色々な講座も開いています。 もちろん 講座には 会員さんが手話通訳を担当して、ろう者も健聴者も一緒に 楽しんでいます。
 さて 5/19(木) 夜の例会では “足反射区療法士”の穂刈佳範さんをお迎えして足つぼ講座を行いました。毎年恒例になっている講座です。
健康を気にしていらっしゃる方も多いはず、日常生活の中で足つぼ体験できる経験は少ないと思います。足の裏から健康に!!なりましたか?
靴の選び方、歩き方、足の裏の大切さ、勉強になるお話を伺いました。
日々の生活で 意識していきたいですね。
沢山のご参加ありがとうございました



前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ