サークルさえずり
                         

サークルさえずり 150回記念朗読会

2000年4月より始まった≪さえずり朗読会≫が150回を迎えました。
市民の皆様に朗読の楽しさを知っていただきたい、私たちの音訳技術の向上にも役立てたいと願って続けてきました。
日時 2014年5月31日(土) 13:00〜15:00
場所 姫路市立城内図書館 2階
    大会議室

太田城内図書館長の御挨拶をいただいた後、プログラムを開始。
葉室麟 著 『風の軍師 黒田
官兵衛』
詩を楽しむ まどみちお「どうして いつも」「あかちゃん」「せんねん まんねん」他、 宮沢賢治「雲の 信号」「高原」「開墾」他
全員で「雨ニモマケズ」を朗読
東海林さだお 著 『あいうえおの陰謀』より 「日本食入門」
村山由佳 著 『約束』
約150名のお客様にお越しいただき、盛況のうちに会を終えることができました。心より感謝申し上げます。さえずり会員一同、これからも精進してまいります。

前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ