楽の会
                               

「ひめじおんまつり」に参加しました!

第二回の「ひめじおんまつり」に、
「楽の会」も昨年に引き続き参加させていただきました。
落ち着いた和室に、高座を作って頂きました。ありがとうございます。

私達は10時から12時まででしたが、のべ約50人のお客様にいらして頂きました。
「落語」は畳の部屋の方が風情があるのですが、中には「椅子はありませんか?」というお客様もいらっしゃいました。
畳に正座は、お年を召した方には膝や腰が悪いと体力的に辛い事だと察します。
若い方は正座は慣れていないということもあるでしょう。

拙い話でしたが、みなそれぞれ一所懸命
演じさせて頂きました。

終わった後は、
椅子を用意した方がいいかな?
「笑点」の大喜利のようにした方がいいかな?
やはり、演じている時の出入りはお断りした方がよい。他のお客様にも迷惑になるし、途中で入っても話はわからない。
などなど。
来年に向けて早くも発進している私達です。
「ひめじおんまつり」に参加させて頂き
よい体験をさせて頂きました。
この体験を、今後ボランティアで落語を演じる時に役立てていきたいと思います。
ありがとうございました。



ペナル亭キック
「長短」「犬の目」

この場面は「長短」のキセルで、煙草を吸う仕草です。
二番目は、
舞寿亭ミッキ
「正月丁稚」

この着物、派手かと思いましたが、まあ、いいかなぁ・・と。
最後は
こころ家遊人
「有馬小便」

ちょっと変わった仕事をする男の話です。

前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ