子育て支援 にこにこいっぱい大きく育てよう
                             

9月7日(土)そば打ち体験!

小学1年生〜6年生までの子ども達で、そば打ちに挑戦しました(^O^)/

みんな講師の方のお手本を真剣に見て、グループ毎に明るく協力し合い、一生懸命にそばを打つ姿がとても印象的でした。

果敢に挑戦し、交代しながら協力して打ったそばをみんなで食べる喜びは格別だったと思います。
食後は身体と頭の体操になったかな?

とても有意義な一日になりましたね!(^^)

まずは一日の流れと注意事項についての説明!
静かに聞く事が出来ました(^^)
いざ!そば打ちに取り掛かったものの、初めての子どもが殆どで、あっちもこっちもバタバタと苦戦状態!(>_<)
これでは!と講師の方がお手本を見せて下さいました。
みんな真剣な表情で見て聞いて覚えようとしていました(^−^)
そして作業を再開した時にはスムーズに進み始めました。
小さな手をみんなで入れて作業する姿は、とても微笑ましい光景でした(*^_^*)
水を追加した際は、手に付くため、竹で出来た道具を使いました。
水分がまんべんなく粉に行きわたる様に、手や道具で根気よく混ぜる大事な工程です。
上手く出来てるかな?(゜.゜)
講師の方からOK!が出たら力仕事!こねる作業です。
疲れたら交代して、個々の力を充分に発揮した事と思います(^^)
しっとりと良い感じの柔らかさになって来たら、チェックをしてもらいOK!をもらえたら、伸ばす作業に入ります。
棒を猫の手の要領で持つ様にと教わり、思わず笑みがこぼれました。
コロコロと楽しそう!(^−^)
大きくなって来たら長い棒に持ち替えて伸ばします。
均等の厚さにする事も大変なのに、切る時に少しでも無駄をなくすため、角を作ってなるべく四角い形になるようにとの指示が…大丈夫かな?(^_^;)
伸ばし終えたら折りの作業に移ります。
くっつかない様に半分の面に粉を振り、破れない様にひと折り、また半分に粉を振りふた折り、緊張感が漂っていました(゜-゜)
いよいよ切る作業!
一般の包丁とは違い、刃がすごく大きい!(◎o◎)
それでも高学年の子は包丁と添え板を教わった持ち方で上手に操り、ひとりで切っていました。
あっぱれ!(^O^)/
小さい子も学園の先生に助けてもらいながら、果敢に挑戦!
良い経験が出来ました(^−^)
グループ毎にゆでて、出来上がった順に食べました。(^v^)
地域の方にも子ども達と一緒に食べて頂きましたが、お味はどうだったかな?(・・?
短いのやら太いのやら…手作り感満載の一品でしたね!(^^)
食後は身体と頭をフル活動!
子ども達を楽しませる事が上手なお兄さんに一時間程度お任せしました。
みんな元気一杯でした!(^^)!
笑顔と笑い声が絶え間なく響いていました。
お兄さんもとても楽しそうでしたよ!(^−^)
思いっきり身体を動かした後は、感想文の作成にチャレンジ!
今日の印象的だった出来事や思いを個々に短冊に書いてもらいました。
みんな思いのままに書いていました(^^)
個々に書いた文章を組み合わせて、ひとつの感想文にしました。
面白い趣向だなぁ〜と思ったのは私だけかな?(・・?
出来上がった文章を読んでいる時の子ども達は、興味を持ったのか、とても静かに聞いていました。
みんなの思いが込められた合作で一日の出来事が思い起こされ、温かい気持ちになりました(*^_^*)
今回は子ども達全員に表彰状をプレゼントしました。
あらかじめ作成した賞状に、お兄さんにお任せしていた時間を利用して、子ども達ひとりひとりの長所を付け加えて完成させた賞状です。
喜んでもらえたかな?(^^)
最後は記念撮影!
「また来てね!」との嬉しい言葉に「今度は何をしようかな?」と返して、みんなでニッコリ!微笑みながらの解散となりました。

またの機会を楽しみにしています。(^O^)/

前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ