‘ふるさとの原風景再生プロジェクト’太市の郷
                             

子どもたちと 里山ウオーク。

 10月5日(水)里道の散策で、秋の野草  摘み体験学習を行ないました。

 野辺の畦に咲く雑草にも、子どもたちの興味をひく可愛いものが沢山あります。
 殊に女の子たちは、赤マンマ(イヌタデ)が大好き。昔から飯事あそびの赤飯に見立て、このように呼んだものだそうです。
 次代が代わっても観照の心は引き継がれて行くものですね。


前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ