‘ふるさとの原風景再生プロジェクト’太市の郷
                             

竹チッパー掛けの微粉末野積みで、カブトムシの幼虫を採集しました。

 9月23日(金)

 春伐採の竹をチッパー掛けして、微粉末をそのまま野積みしていた箇所で、期待していたカブトムシの幼虫採集を行ないました。
 ビッグ過ぎて気味が悪いと言ってたのが、続々現れる幼虫に段々と可愛さが増してきて際限なく掘り続けてしまいました。
 昨年は試みに行なった実験。今年は本格的に用意した養育床で養殖を試みます。越冬後の成虫に育ってくれることを楽しみにしています。

・鍬入れをする度に、ジャガイモを掘出す様に出てくる幼虫。その大きさに驚きです。
・収集した幼虫を連れ帰り、育てます。
・大きな養い床をつくりました。初夏には立派に成長してくれてますように。

前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ