‘ふるさとの原風景再生プロジェクト’太市の郷
                             

子どもたちと、水辺の探索会をおこないました。

 7月23日(土)
 夏休みを、近くの大津茂川に誘い出し「親子・水辺の生きもの観察会」を行ないました。

 川好き子どもたちは、上手なタモ網捌きで様々な生物を採取。カワムツ、ギンブナ、ドンコ、メダカ、毛ガニ。ブルーギルも捕った。ぬらぬら泳ぐ大きなナマズを追いかけたが、捕獲できなかったのは残念だった。
 川底や浮き石の下にいる水生生物を見つけたり、パックテストを行なって水質調査の仕方も体験。人や生きものにとって大切な水の勉強も少しした。有意義で楽しい時間が過ごせました。
(来月にも、また違った観点で川遊びを予定しています。飛び込み参加もOKです)

:校長先生も熱心に、子どもたちの質問に答えています。
:川辺のあちこちで、網をガサガサ。色んな生きものが採取できるよ。
:川あそび隊のメンバー写真です。毎月の集まりが楽しみ!

前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ