‘ふるさとの原風景再生プロジェクト’太市の郷
                             

相野四拾町竹林整備、6月の定例活動日も                    雨模様になりました

 6月19日(日)今日の予定活動、里山竹林の片付け整備---- 雨の様子を見ながらの作業。

 参加少人数にも係らず、小型チッパー機を活用して伐採竹の粉砕活動をすすめました。
 シュレットした微粉末は、竹の利活用を考える用材として袋詰めして持ち帰りました。
 (畑の土質改良材・コンポスト内の残さ処理材・カブトムシ幼虫飼育材 etc 様々な場面に活用を計画中)

:写真左 伐竹集積物量の軽減も、なかなか捗りません--- ganbarou!
 

:青竹、枯竹、新竹など様々な粉砕物を見比べながら収集作業を行う。
:袋いっぱいに詰め込んだ状態。
:手分けして持ち帰り、其々の役回りで活用実験を行います。
:里山竹林からの荷下ろし車積み込みなど、今日のような天候下で行なうのも大変な作業。先がながいので、ゆっくりとやってね。

前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ