‘ふるさとの原風景再生プロジェクト’太市の郷
                             

大津茂川 ホタル観察会を開きました

6月3日(金)日没時間,JR太市駅に集合。
 呼掛け人代表の崎谷インストラクターから、ホタルの生態や観察上の注意事項などを聞き、早速に駅の直ぐ東隣の大津茂川堤をホタル観察に出かけました。
 昨年同様に飛翔する数は少な目でしたが、暗闇で浮遊する光の点滅を確認した参加者達は一様に感嘆の声を発していました。
 子供にはホタル採集用の菜花の箒を充てがい、使用方を伝授。捕獲に熱中する子達に親も引込まれ、箒棒を横取りしてのホタル狩りする様子は、時間の経つのも忘れる程の愉快な時間が持てました。

・写真左:午後8時前ホタルが飛び始める時間帯が近付き、捕獲箒を持ってイザ出発。

・菜花の茎で作ったホタル捕獲用の箒棒。この日のためにメンバー達が協力して準備しました。
・メンバーは観察会に先立ち、ホタルの様子下見と合せ、川堤の草刈りやゴミ収集など散策道の安全確保に努めていました。
・参加者迎え入れの準備も整い、駅前集合地に活動幟を立て受付の準備を行うメンバー。

前のページへ戻る
市民活動ネットひめじ