要約筆記サークルひめじ
〜聞こえない聞こえにくい方に寄り添った支援をめざして〜
私たち「要約筆記サークルひめじ」は、中途失聴・難聴者の方々の社会参加を支援する要約筆記活動をしています。

要約筆記とは・・・
聴覚障害者が社会参加するために、必要な音の情報を文字で伝えるというものです。人生の途中で聞こえにくくなった中途失聴者や難聴者にとっては、他人とのコミュニケーションがとりにくく、常に孤独感や不安感を抱いています。その方々のために使い慣れた文字で話しの内容を、要約筆記の三原則<速く・正しく・読みやすく>に依り書いて伝えることです。

それには
手書きとパソコンでの方法があります。私たちは毎週月曜日に姫路市役所北別館(アンドーネ)で勉強会を開催しています。興味のある方は一度、見学や体験をしてみませんか?
お待ちしています。
活動報告
しろまるカフェ(平成28年10月2日)しろまるカフェ(平成28年10月2日)
回を重ねる毎に 難聴者、健聴者の垣根は低くなっていきます。 話す人がいて、聴いてくれる人がいる。 そ…
 しろまるカフェ(平成27年10月31日) しろまるカフェ(平成27年10月31日)
今、兵庫県社会福祉協議会では「ストップ・ザ・無縁社会」全県キャンペーンを進めています。難聴者は、聞…
しろまるカフェしろまるカフェ
7月18日(土) 台風11号がようやく過ぎ去ったあと、 難聴者さん13名、要約筆記ひめじサークル員12名、啓発…